米上訴審で使用済み音楽ファイル転売は著作権法違反の判決、出版業界も安堵

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 ReDigi社が2011年に初めて試みた著作権付き「使用済み」音楽ファイルの市場(具体的にはユーザーが既に購入したiTunesの曲を売り買いするプラットフォーム)を作るのは、著作権法に抵触するという合衆国控訴裁判所の判決がようやく下ったと、業界誌パブリッシャーズ・ウィークリーをはじめとする複数のメディアが伝えている。

 この訴訟は、音楽・音声ファイルに限らず、Eブック、ビデオ、ゲーム、ソフトウェアに波及すると考えられていたため、米出版業界も注目していた。

 2013年の初審において、元のユーザーが所有するガジェットから完全に音楽ファイルを削除し、新しいユーザーがダウンロードできるようにするのは、アナログで中古レコードを売るのと同じだと主張していたReDigi側の言い分を、上訴審ではことごとく却下。「“使用済み”の電子化ファイルを転売する過程は、ReDigiのサーバーにおいて再生することを内包しており、著作権の侵害にあたる」との判断がなされた。

 また、「フェアユース」の4条件にも該当しないとされた。「ReDigiの試みはデジタル音声ファイルの再販売というが、販売対象となるものは元の著作権保持者が有するファイルと寸分変わらない」という判断だ。

 今回の訴訟は、ReDigiのビジネスが合法となれば、電子書籍にも拡大される可能性があったことから、全米出版社協会のマリア・パランテ会長は早速声明を発表し、この司法判断を支持した。

参考リンク

パブリッシャーズ・ウィークリーの記事
https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/copyright/article/78807-appeals-court-shoots-down-digital-resale-in-redigi-case.html
全米出版社協会のコメント
http://newsroom.publishers.org/publishers-welcome-the-second-circuits-ruling-in-capitol-records-v-redigi/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

カナダの“海賊党”が著作権まるで無視のフリーEブックサイトを再オープン  2013年にいったん“離党”したカナダの海賊党のリーダーが、Ebook.bikeというサイトを立ち上げ、北米を中心に著者の気持ちを逆なでしている。  海賊党のトラヴィス・マクレエのような活動家は世界中におり、もちろんその中にはインターネット上の情報の透明性、プライバシー、言論の自由、反腐敗を...
米アマゾンが自閉症のニセ科学本を削除  アマゾンが第三業者による「マーケットプレイス」から、自閉症治癒として非科学的な療法を掲げた本を削除したと、NBCなどの米マスコミが伝えている。  二酸化塩素の効果で191人の子どもが治ったなどとする「Healing the Symptoms Known as Autism(自閉症の症状を治す...
三田誠広×赤松健×大塚大×福井健策×瀬尾太一シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」3月20日開催(オーファンワークス実証事業実行委員会)...  日本文藝家協会や日本漫画家協会など9つの権利者団体で構成されるオーファンワークス実証事業実行委員会は3月20日、オーファンワークス(孤児著作物)実証事業の報告シンポジウム「著作権保護期間70年時代に裁定制度が果たす役割とは」を開催する。パネルディスカッションの登壇者は、小説家・三田誠広氏、マンガ家...
米セルフパブリッシング人材紹介のReedsyがディスカバラビリティサービスを開始  少しでも多くの読者の目に留まるよう、セルフパブリッシングの著者が自腹を切ってフェイスブックやアマゾンで広告を買う中、このコミュニティーに編集者やデザイナーなどの人材リソースを紹介してきたReedsy(リージー)は、「Reedsy Discovery」という販促サービスを開始した。[編注:ディスカバ...
オープンアクセスに応じないエルゼビアをカリフォルニア大学がボイコット  学術論文へのオープンアクセスが求められる風潮の中、公共資金による研究成果へのオープンアクセスを目指す米カリフォルニア大学は、論文などの学術資料へのアクセスに高額な料金を課す大手出版社エルゼビアの購読を中止したと発表した。8ヶ月にもわたる契約更新交渉を重ねてきたが合意に至らず、今回の決裂となった。...