米AmazonのKindle「1984」削除騒動、15万ドル支払うことで高校生ユーザーと和解

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、Amazon.com(本社:米国ワシントン州)は9月25日、今夏に起きた電子書籍端末「Amazon Kindle」上での電子書籍データ削除騒動について、ユーザーの1人である高校生とその代理人に15万ドル(約1340万円)支払うことで和解した模様。

 この騒動は現地時間の7月17日に発生。Amazon側が、ある出版社から無断販売の指摘を受けた「1984」(著:ジョージ・オーウェル)などの電子書籍データをユーザー保有のKindle上から遠隔操作で無断削除したというもの。ミシガン州の高校生であるJustin Gawronski君もその影響を受けたKindleユーザーの1人で、宿題用のメモとしてコツコツ作成していた「1984」上の付箋データが使用不能になってしまい、弁護士を通じてAmazon側を訴えていた。【hon.jp】n

問合せ先:Los Angles Times紙の記事( http://latimesblogs.latimes.com/jacketcopy/2009/10/amazon150000-kindleorwell.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告