投資家たちも電子書籍市場に熱い視線、キーワードは「関連ICチップメーカー」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍市場はここにきて、IT系メディアばかりでなく、ウォール街のメディアでも再び取り上げられるようになってきた。

 株式投資家向けの情報サイトInvestors.comは現地時間の14日、最近の電子書籍端末ブームにからみ、各メーカーに部品供給する関連ICメーカーについて記事を掲載。記事によると、関連ICチップの市場規模は来年は今年の3倍にまで成長するとし、Qualcomm社やMarvell Technology社、Freescale社(ARM子会社)に着目。来年1月にラスベガスで開催される家電業界の大型展示会Consumer Electronic Showでは、電子書籍端末メーカーが10社以上、新商品をデモすることになるだろうと予測している。

 なお、ウォール街のメディアが電子書籍関連のニュースをこれほど積極的に取り上げるのは2000年〜2001年のPDAバブル期以来。【hon.jp】n

問合せ先:Investors.comの記事( http://www.investors.com/NewsAndAnalysis/Article.aspx?id=503332

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。