凸版印刷、店頭向けの電子ペーパーPOPディスプレイを販売開始

《この記事は約 1 分で読めます》

 凸版印刷株式会社(本社:東京都台東区)は今月から、店頭販促用途向けの電子ペーパーPOPディスプレイの販売を開始した。

 今回発売されたPOPディスプレイでは、米E-Ink製のモノクロ電子ペーパーディスプレイを採用。サイズは360×240ミリで、顧客注文どおりにデザイン・制作されたカラーシートを重ね合わせることで、擬似的に動きのある広告表示を実現する。

 なお、同社では今回POPディスプレイに電子ペーパーを採用したことで、わずかな電力での稼働が可能になっているとのこと(単3電池2本で3〜6ヵ月)。当面は食品、トイレタリー、化粧品、書籍などの販売シーンでの普及を目指す。

関連リンク

凸版印刷の本件に関するプレスリリース
http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease568.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /