電子書籍の読書履歴データ取得について悩む米国の図書館関係者たち

【編集部記事】米国の電子出版系ITブロガーでもあるEric Hellman氏が、自身が出席する電子図書館関係の会合で現状起こっている問題を報告している。

 Hellman氏が出席したのは学術出版関連技術の規格標準化調整を行なっている米非営利団体のThe National Information Standards Organization(本部:米国メリーランド州)の倫理規定策定委員会。同氏によると、図書館界はプライバシー保護のため、紙書籍はもちろんのこと、電子書籍についても会員の読書履歴データを記録することを倫理的に許しておらず、結果として民間電子書籍ストアのようなフルサービスを提供しづらくなっているという。

 同氏の見解によると、この問題はかなり難解で、今後もさらに議論が続きそうな気配とのこと。【hon.jp】

問合せ先:Eric Hellman氏のブログ記事( http://go-to-hellman.blogspot.jp/2015/07/library-privacy-and-freedom-not-to-read.html