欧州系の出版社団体IPAとFEP、世界各国の紙書籍・電子書籍のVAT/消費税率を調査したレポートを公開

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Frankfurt Book Fair事務局の英語圏向け出版ニュースサイト「Publishing Perspectives」によると、出版社団体International Publishers Association(本部:スイス・ジュネーブ市)とFederation of European Publishers(本部:ベルギー・ブリュッセル市)が共同で、世界各国の電子書籍VAT率を調査したレポートを無料公開したとのこと。

 この「VAT/GST on Books & E-books」レポートでは、州税方式を採用するアメリカなどはカバーされていないが、日本を含む主要各国の課税状況を一覧形式に。とくに電子書籍については、フル税率で課税している国が多いことが判明した。

 両団体は、電子書籍を含め、出版物への課税ゼロの実現を目指している。【hon.jp】

問合せ先:Publishing Perspectivesの記事( http://publishingperspectives.com/2015/07/vat-rates-on-books-and-ebooks-around-the-world/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: