米国の電子書籍市場、人気作品の要約本・アンチョコ本が急増中

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ニューヨークのローカルオピニオン紙「The New York Observer」によると、米国の電子書籍市場でちょっとした“コバンザメ商法”が人気とのこと。

 記事によると、最近急増しているのが個人作家たちによる、人気作品の要約本(アンチョコ本)の出版。米国の要約本ビジネス自体は古く、学生向けのCliff’s Notes社などが大手だが、電子書籍時代になり個人作家がその市場に参戦。人気作品になると当たり前のように5〜7点ほど要約書が乱発されるという。

 “アンチョコ”よりも“批評”アプローチが主流の日本だが、国内でも今年、トマ・ピケティ関連で同様な賑わいが確認された。【hon.jp】

問合せ先:The New York Observerの記事( http://observer.com/2015/07/cliffs-notes-for-bestellers-e-readers-accelerate-the-book-summary-business/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。