クラウドファンディングが大手出版社を凌駕、米Kickstarter.comのコミック作家陣、粗利ベースですでに業界第2位

【編集部記事】米国の出版業界ニュースサイト「Publishers Weekly」によると、個人ファンド募集サイト「Kickstarter.com」上のコミック作家たちが粗利ベースで米コミック出版大手のDC Comics社を抜き、業界第2位に急浮上した模様。

 試算は2012年2月〜4月の実績をベースに導出されたもの。Kickstarter.comは個人ファンド募集サイトなので、厳密には「売上金」ではなく「寄付金」だが、参加者には見返りに作品の電子書籍版が無料提供されるため実質的には前受け金に近い。それを前提にKickstarter.com上の個人コミック作家たちを1つの出版社だと仮定すると、売上高ではすでに業界第4位、粗利ベースではMarvel Comics社に続き業界第2位に到達しているという。

 Kickstarter.comは2008年に設立にされたサイトで、年2〜3倍のペースで急成長中。クラウドファンディング・モデルが、出版社モデルを置き換えてしまうのは、もはや時間の問題のようだ。【hon.jp】

問合せ先:米Publishers Weeklyサイトの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/book-news/comics/article/52925-is-kickstarter-the-2-graphic-novel-publisher-.html