ドイツの出版大手Georg von Holtzbrinckグループが組織改革、“脱・出版社”を目指しITベンチャー投資を積極化

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】MacMillan系など多数の出版社を傘下に置くドイツの大手出版グループGeorg von Holtzbrinck(本社:独バーデンヴュルテンベルク州)は先月、グループ全体の組織改革を実施した。

 今回の組織改革は大規模なもので、体制が国単位からコンテンツカテゴリ単位に切り替えられ、“脱・出版社”を目指すことが最大の目標となっている模様。米ITベンチャー業界ニュースブログ「Pando Daily」によると、新体制の先鋒役となるのがベンチャーファンド子会社の米Macmillan New Ventures社(本社:米国ニューヨーク州)。本業である科学系・教育出版業が倒れる前に、有望なITベンチャー企業を次々と買い付けるのがミッションで、数億ドル(数百億円)規模の予算を与えられている模様。

 Pando Daily記者の取材に対し、Macmillan New Ventures社のTroy Williams副社長は「本社幹部たちは自分たちが退職金をもらえるまでの間、つまりあと15〜20年くらいは大丈夫と思っているらしいが…現実には、あと7〜10年くらいが限界だと思う」と本音を漏らしている。【hon.jp】

問合せ先:Pando Dailyの記事( http://pandodaily.com/2012/07/05/macmillian-knows-publishing-is-doomed-so-its-funding-the-future/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。