米調査会社、全世界のタブレット端末の販売台数が来年には1,950万台→5,480万台に伸びると予想

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米調査会社大手Gartner社(本社:米国コネチカット州)は現地時間10月15日、Apple社のiPadなどを含むタブレット端末の今年の販売台数が約1,950万台に達するとの予想を発表した。そのうち北米での販売台数は全体の61%。

 同社の予想ではさらに、2011年には2010年比181%増の5,480万台に達するとし、電子書籍・ゲームなど単機能電子機器やノートブックPCは大幅に売り上げを侵食されるとの予測を示した。

 同調査では対象タブレットを、iOS/Android/WebOS/Meego等のOSを搭載したタッチ操作可能なスレート型デバイスと定義。「iPad」「Samsung Galaxy Tab」等がこのカテゴリに含まれるとしている。【hon.jp】n

問合せ先:Gartnerのプレスリリース( http://www.gartner.com/it/page.jsp?id=1452614

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /