米国の作家団体The Authors Guild、個人作家も特別会員として入会許可スタート、出版の有無も問わず

【編集部記事】米国の作家団体の1つであるThe Authors Guild(本部:米国ニューヨーク州)は現地時間10月11日、会員収入減の問題対策として、同団体としては初めて個人作家など一般個人の入会を受け付け開始した。

 The Authors Guildを含め、各国のプロ作家団体はロビー団体としての活動も主業務の1つだが、会員たちの高齢化と年会費収入の減少にも頭を悩ませている。英国やカナダの主要プロ作家団体は、新しい収入源として急増する電子書籍の個人作家たちの入会勧誘活動を始めているが、The Authors Guildもそれに追随することを決定。さらに、「年会費100ドル」「出版の有無を問わず」としているので、実質誰でもOKという、若干無節操なプログラムとなっている。【hon.jp】

The Authors Guildの告知( https://www.authorsguild.org/join/emergingwriter/