米メディア業界コンサルタント「月額定額制サービスを始めるなら、ユーザーから登録手数料も徴収すべき」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米Talking New Mediaに、米国の新聞・CATV業界専門コンサルタントのMatt Lindsay氏が、月額定額制サービスを始める電子出版関係者に登録手数料も徴収するよう勧めている。

 サービス加入時の登録手数料といえば、携帯電話会社やフィットネスジムなどが連想されるが、記事によると、デジタルコンテンツの世界でも売上アップの手法として使えるとのこと。Lindsay氏によると、複数の地方新聞社が定期購読時に3〜5ドル程度の登録手数料を徴収してみたところ、読者からの反発はほとんどなく、重要な収入源の1つとして定着したという。【hon.jp】

問合せ先:Talking New Mediaの記事( http://www.talkingnewmedia.com/2016/06/08/should-publishers-consider-adding-activation-fees-to-the-price-of-their-services/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事