Google Book Search裁判敗北を受け、作家団体Authors Guildの法律顧問が退任

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米作家団体Authors Guild(本部:米国ニューヨーク州)は現地時間4月21日、10年間続いていたGoogle Book Search裁判での敗北が今週確定したことにからみ、本件をずっと担当していた法律顧問の退任を発表した。

 2005年に始まったGoogle Book Search裁判は、2013年5月からフェアユース面での是非を問うかたちで裁判が争点を変えて仕切り直しになり、今週敗訴が確定。退任するのは本件を長年担当していたJan Constantine筆頭法律顧問で、海外の作家団体との調整役も担っていた。

 今回の退任にあたり、Constantine氏は「Googleの件が終了したため、私の仕事はもう終わった」と、実質的な辞任コメントを残している。【hon.jp】

問合せ先:The Authors Guildの発表( https://www.authorsguild.org/industry-advocacy/authors-guild-general-counsel-jan-constantine-leave-ten-years-service-authors/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ