米出版卸最大手Baker & Taylor、教育機関向け書籍外商グループ大手Follettが買収

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】北米圏の教育機関向け書籍外商グループ大手Follett社(本社:米国イリノイ州)は現地時間4月18日、米出版卸業最大手Baker & Taylor社(本社:米国ノースカロライナ州)を買収し、傘下企業としたことを発表した。

 Follettグループは、1873創業の大学図書館向け図書・備品納入会社の老舗大手で、非上場。元々は、後に大手書店チェーンBarnes & Noble社を創業することになったWilliam Barnes氏の実父が営んでいた古書店だった。その後、古書店の経営実権がWilliam Barnes氏の義父方であるFollett家に移り、大学向け書籍外商ビジネスにシフト。キャンパス内書店の運営代行や大学図書館への備品・図書卸など複数部門を立ち上げた。

 今回の買収は、90年代から進めている商圏拡大策の一環として実施されたもので、Follett社グループでは年間売上高36億ドル(約3,900億円)を目指すとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Baker & Taylor社のプレスリリース( http://www.baker-taylor.com/viewnews.cfm?press_id=392&typ=c

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ