Apple社の次期iOS 9.3で追加される「iCloud for iBooks」機能、ローカルインポートしたPDF・電子書籍ファイルも自動的に別iOSデバイスと同期

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、現在開発者向けにベータ公開されているiPhone・iPad向け次期OS「iOS 9.3」から追加されるiCloud for iBooks機能について、詳細が明らかになりつつあるとのこと。

 iOS標準搭載の電子書籍ビューワアプリ「iBooks」には、すでに独自のファイル同期機能があるが、iCloud for iBooksではその機能を同社のクラウドサービス「iCloud」に移管し、機能を拡張。ローカルインポートしたPDF・電子書籍ファイル群もすべて、全自動でバックアップ・同期されるようになっているとのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2016/01/28/how-to-set-up-icloud-for-ibooks/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ