米Penguin Random House、個人出版大手Authors Solutions社をファンドに売却

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】英The Booksellerによると、英語圏出版最大手のPenguin Random House社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間12月31日、傘下の個人出版大手Authors Solutions社(本社:米国インディアナ州)をファンドに売却したとのこと。

 Authors Solutions社は合併前の旧Penguin社(本部:英国ロンドン市)側が2012年に買収した、プロフェッショナル書専門の個人作家向け書籍・電子書籍出版の大手で、当時の買収金額は1.16億ドル(約137億円)。しかし、買収前から作家たちの間では自費出版社ライクな強引な有償サービス押し売りで悪評が高く、出版タイトル数が激減。また、Penguin Random House社から旧Penguin側の親会社である英Peasonグループが撤退する噂が浮上しており、それに向けた社内政治もあって早々の売却を決断した模様。 

 CEOは引き続き旧Penguin側のAndrew Phillips氏が担当する予定。売却先は独立系ファンドのNajafi Companies(本社:米国アリゾナ州)で、売却金額は明らかにされていない。【hon.jp】

問合せ先:英The Booksellerの記事( http://www.thebookseller.com/news/prh-sells-author-solutions-319499

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ