電子書籍のマーケティングは「作家力」、120万人のメルマガ会員構築→広告で稼ぐ料理作家も

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍時代の到来により、出版社・書店のマーケティング力は衰えるばかりだが、米国では早くからそれを予見し、コツコツと巨大なマーケティングツールを構築してきた作家たちがいるようだ。

 米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」ではその代表例として、グルテン・フリー料理の啓蒙家として有名なLisa Lillien氏を紹介。同氏は自身のサイト「Hungry Girl」で120万人も会員を誇るメルマガを作り上げ、広告収入でも大きな収益を上げているとのこと。

 広告費を払う側にならず、もらう側になるよう長期目標を設定するのがキーポイントのようだ。【hon.jp】

問合せ先:Digital Book Worldの記事( http://www.digitalbookworld.com/2015/authors-are-the-new-gatekeepers-to-large-audiences/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。