どこでも読書(2004年12月1日付け)の週間ベストセラー

《この記事は約 4 分で読めます》

どこでも読書より
2004年12月01日付

1. ずっと、ずっと、あなたのそばに 映画「いま、会いにゆきます」−澪の物語
著者:若月かおり
出版社:小学館eBOOKS

 2004年10月30日に映画公開された市川拓司のベストセラー『いま、会いにゆきます』の映画化脚本をもとに、竹内結子演じる主人公の恋人・澪の視点で描いたもうひとつの感泣ストーリー。

2. 書き下ろし青春ミステリー劇場『枯葉色のノートブック』
著者:赤川次郎
出版社:光文社

 毎年1冊刊行し主人公も1歳年をとる……、リアルタイムで進行する話題作「爽香シリーズ」 書籍未刊行の最新作をいち早く読めます!長編青春ミステリー「枯葉色のノートブック」〜杉原爽香、三十二歳の秋〜大好評連載中!

3. PLATONIC SEX
著者:飯島愛
出版社:小学館eBOOKS

 映画・ドラマ化され大反響を呼んだ170万部突破のミリオンセラー。ついにケータイで読める! 少しでも多くの愛を感じたかったSEX……家出・援交・AV出演・中絶など、人気タレント飯島愛が初めて自分と向き合った自伝的エッセイ。私は、寂しいときや悲しいとき、その想いを紙に吐き出す。誰にも見せられない、届かぬ思いをただ綴った。その時々の感情の破片(かけら)を。——

4. 忘れられないラブ〜女たちの体験1
著者:2ちゃんねる
出版社:バジリコ

 2ちゃんねる掲示板の投稿が、本になった!「過激な恋愛板」にある人気スレッドから、「アブなくて、せつなくて、涙が出る」体験の投稿を厳選しました。女性投稿編第一弾。“セフレを好きになっちゃった…”etc.

5. 恋愛の国のアリス プチ・エディション
著者:嶽本野ばら
出版社:朝日新聞社

 乙女の天敵はマニュアル恋愛! 『下妻物語』の映画化でも話題になった、「乙女のカリスマ」として知られる著者が綴る、恋の哲学。53枚のトランプと、22枚のタロットカードになぞらえた、75編のエッセイ集。ケータイ版は、その中から抜粋されたダイジェスト編となります。

6. 思い出に残る食事(1)せつない思い出
編者:2ちゃんねる管理人・西村博之
出版社:バジリコ

 2ちゃんねる4年の歴史の中で奇跡の名スレッドと賞賛された『思い出に残る食事』。1000本以上投稿された皆の「忘れられない食事」の体験談より珠玉の83本を厳選し収録。泣けるエピソードでいっぱいです。従来の2ちゃんねる本とは全くテイストの異なる、心の深い所にしみる本。本編には「すてられたハンバーグ」「父と食べたチーズケーキ」など35本を収録。

7. 「指先の花~映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語」
著者:益子昌一
出版社:小学館eBOOKS

 大ヒット映画「世界の中心で、愛をさけぶ」を完全ノベライズ。原作小説では殆ど語られることのなかった、大人になった主人公・朔太郎の物語を追加し、「現在の愛との対峙」と原作小説にある「過去のアキとの甘くせつない純愛」が織り成す作品として再構築。愛する人の「死」と生きていくために渇望する「愛」をテーマに、流れる涙が心に沁みる純愛タペストリーの誕生です。「セカチュー現象」で原作小説はドラマ化も!

8. 「裏」恋愛論 風俗王に学ぶ153の成功法[1]
著者:中谷彰宏
出版社:総合法令出版

 風俗に興味のある人、恋愛で悩んでいる人、そしてサービスの精神を学びたい人。こんな人たちにぜひ読んでもらいたい、中谷彰宏の人気シリーズの1冊です!ビジネスマンのカリスマである著者が、性感マッサージ嬢、イメクラ嬢、ラブホテル王などとの対談から、「サービス」のエッセンスをズバリ引き出します。男女の心理、人間の機微に長じている彼らがさらけだす本音には、ビジネスや恋愛で成功する秘訣がぎっしり詰まっています!

9. 天国の本屋 恋火
著者:松久淳/田中渉
出版社:小学館eBOOKS

 竹内結子主演で映画化された、ハートフルなベストセラー! ある日突然、ピアニスト健太は、天国の本屋に連れてこられた。飴屋の娘香夏子は「その花火を見ればふたりの恋は成就する」という伝説の花火師に出会う。天国と現世。ふたつのストーリーが同時進行するなか、花火大会当日に奇蹟が訪れる…。

10. 死にたい[1]何をしても独り
著者:タナトス
出版社:バジリコ

 ネット業界に彗星のように現れ、爆発的な支持を獲得。半年で投稿総数1万3000余を記録した大人気お笑い系サイト「死にたい」から選りすぐった作品を紹介!独りきりのX’masイブ…孤独ネタは自虐系のキホン!?

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /