中国のタブレットOEMメーカーYitoa Digital社の“42ドル”電子ペーパー書籍端末の実演ビデオ

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のARMデバイス情報サイト「ARMdevices.net」が、中国の電子書籍端末・タブレットOEMメーカーYitoa Digital社(本社:中国広東省)のブース取材を行ない、そのビデオをYouTubeにアップしている。

 Yitoa Digital社の最新商品は、E-Ink製電子ペーパーディスプレイを搭載した電子書籍端末で、Android OSを採用。最大の目玉はその価格の安さで、WiFi・フロントライト内蔵で単価42ドル(約4,500円)を想定しているという。

 中国製の電子書籍ハードウェアも、5,000円を切るのが当たり前になりつつあるようだ。【hon.jp】

問合せ先:ARMdevices.netの記事( http://armdevices.net/2014/10/19/42-android-e-ink-e-readers-using-rockchip-and-allwinner-by-yitoa/

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事