中国のOEM電子書籍端末メーカーBoeye Technology社、E-Ink製電子ペーパーの高速描画をデモ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のモバイル機器ニュースサイト「ARMdevices.net」は今週、中国のOEM電子書籍端末メーカーBoeye Technology社(本社:中国広東省)による電子ペーパー型端末での高速描画のデモビデオを掲載した。

 記事によると、Boeye社は今月ドイツで開催された「CeBIT」にブース出展。このBoeye端末はARM9系CPU「RK2818」とソフトウェア的な高速化技法を使ってE-Ink製ディスプレイの欠点である描画速度を補っているとのこと。

 この記事で興味深いのは、Kindleなどの現在販売されている電子ペーパー端末の大半はEPSON製コントローラを採用することで描画速度を補っているが、Boeye社はそれを使っていない模様だ。【hon.jp】

問合せ先:ARMdevices.netの記事( http://armdevices.net/2012/03/15/boeye-sibrary-rk2818-fast-refresh-e-ink-e-reader/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /