WebブラウザベースのLaTeX共同編集サイト「ShareLaTeX」、ソースコードをGitHub公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】WebブラウザベースのLaTeX共同編集サイト「ShareLaTeX」は2月21日、サイトのソースコードをオープンソース化し、GitHub上で公開した。

 ShareLaTeXはエディタ画面とプレビュー画面が並行表示できるWebエディタで、node.js/Redis/MongoDBなどをベースに構築されている。

 LaTeXドキュメントをEPUB3などの電子書籍ファイルに一括変換するのはまだまだ難易度が高いが、ShareLaTeXとiBooks Author(Apple社)などのLaTeX対応電子書籍エディタを、画面上で切り替え+コピペ+目視確認していくことで、作業効率は大幅にアップするものと思われる。【hon.jp】

問合せ先:ShareLaTexの告知( https://www.sharelatex.com/blog/2014/02/21/sharelatex-is-now-open-source.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /