ソニー欧州法人が電子書籍端末「Sony Reader PRS-T3」を発表、電子ペーパー“リフレッシュ現象”を解消

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ソニー欧州法人は現地時間9月4日、電子書籍端末「Reader」シリーズの最新モデル「PRS-T3」を正式に発表した。

 プレスリリースによると、PRS-T3ではApple社のiPadのように標準装備の保護フロントカバーの開閉で電源がON・OFFされるため、電源ボタンを排除。さらにソニー独自開発のディスプレイ背面基板を採用したことで、現行のE-Ink製電子ペーパー端末では避けられなかった数ページおきの“リフレッシュ現象”を最長4時間解消できたとのこと。また、急ぎの時などに最短3分間の充電で最小限の読書ができる「Quick Charge」機能も内蔵している。

 9月中に欧州各国で発売される予定。価格についてはまだ明らかにされていない。【hon.jp】

問合せ先:Sony欧州法人のプレスリリース( http://presscentre.sony.eu/content/detail.aspx?ReleaseID=8823&NewsAreaId=2

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / / /

関連記事&広告