決済大手WorldPay社「中国・韓国ユーザーの8割は、購入したデジタルコンテンツを第三者に転売したい」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】欧州のEC決済仲介サービス最大手のWorldPay社(本社:英国ロンドン市)は現地時間7月11日、電子書籍を含むデジタルコンテンツ購入ユーザーに関する調査レポート「Download on Digital Report」を無料公開した。

 同レポートは自社サービス利用者が多い7カ国のデジタルコンテンツ購入者11,400名以上を対象に行なわれたアンケート調査。それによると、中国ユーザーの82%、韓国ユーザーの78%、インドユーザーの66%は、購入したデジタルコンテンツを第三者に転売したいと思っているとのこと。

 WorldPay社は5月に公開した別のレポートで、欧米ユーザーの半分が購入デジタルコンテンツを第三者に転売したいと思っており、実際に大半のユーザーがそれは合法だと思っているとレポートしている。【hon.jp】

問合せ先:WorldPay社のプレスリリース( http://worldpay.com/media/index.php?page=archive&sub=worldpay-digital-content-consumers

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。