電子書籍端末ODMメーカー大手の台湾Netronix社が好調、3年後には世界シェアトップを狙う

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】台湾のIT業界新聞「Digitimes」によると、電子書籍端末ODMメーカー大手のNetronix社(本社:台湾新竹市)が好調とのこと。

 Netronix社は、電子書籍ブーム到来以前はODM専門の電子書籍ハードウェアメーカーとしてトップだった。しかし、その後Amazon社がKindleシリーズの生産委託を同じ台湾の鴻海グループに与えたり、東欧向けにロシアで起ち上げた新ブランド「PocketBook」が不調だったり、大きく遅れをとっていた。

 しかし、最近になってKobo社や欧州系メーカーの生産委託契約の獲得が続いて、今年第1四半期は部門売上が70%成長。現在10%程度である生産台数シェアを3年後には40%にまで引き上げ、世界トップシェアを狙う計画だ。【hon.jp】

問合せ先:台湾Digitimesの記事( http://www.digitimes.com/news/a20130618PB201.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /