「電子書籍の最終ページは、PR上きわめて重要」米書評コミュニティGoodreads社CEOが調査発表

【編集部記事】米国の作家向けニュースサイト「Bestseller Labs」によると、書評コミュニティサイト「Goodreads」のCEOであるOtis Chandler氏が興味深いユーザー調査結果を発表したとのこと。

 Chandler氏の調査結果は最近ニューヨーク市内で行なわれた「Tools of Change」カンファレンスで発表されたもので、Goodreads会員を対象に行なわれたアンケート調査によるもの。Bestseller Labsによると、中でも注目されるのが電子書籍の“最終ページ”の使い方に関する結果で、読者の83%が「作家の他の作品も教えてほしい」、75%が「似たような作品を紹介してほしい」と答えているとのこと。

 電子書籍の最終ページが、PR上いかに重要なものであるか、如実にわかるアンケート結果だ。【hon.jp】

問合せ先:Bestseller Labsの記事( http://bestsellerlabs.com/goodreads-ceo-reveals-how-to-sell-more-books/

【PR】配信中の無料作品【テスト中】