Tataグループの書店チェーンLandmark社、ECサイト上でインド国内向け電子書籍販売をスタート

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】インドの大手財閥Tata Group傘下の音楽CD・書店販売チェーンLandmark社(本社:インド・タミルナードゥ州)は現地時間9月4日、自社ECサイトで電子書籍販売を開始した。

 Landmarkチェーンは、インド国内に30店舗に誇る書店チェーンで、国内資本の書店ECサイトとしても最大手。インドでは、すでにAmazon社(本社:米国ワシントン州)が今年2月に総合物販ECサイト「Junglee.com」で電子書籍も販売開始しているが、純国産ではLandmarkチェーンが初めて。

 インドでは今週、現地出版社カンファレンス「Delhi Book Fair」が開催中で、最大のテーマは「電子書籍」となっている。それに合わせてのオープニングとなった。ファイル形式はEPUB/PDF形式となっている。【hon.jp】

問合せ先:印Landmark社のECサイト( http://www.landmarkonthenet.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /