米国の電子書籍制作サービス会社が調査、全業種で見た場合、電子化ニーズの77%は「商品カタログ」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子ドキュメント・電子書籍制作サービス会社Data Conversion Laboratory(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間5月8日、同社顧客を対象としたコンテンツ電子化ニーズに関するアンケート調査結果を発表した。

 出版社から衣料メーカーなど多業種の法人客を抱える同社によると、コンテンツ電子化ニーズの77%は「商品カタログ」で、「小説」など創作コンテンツの比率はそれほど高くないとのこと。さらに顧客企業の60%近くは「1〜2年以内にすべて電子化しないといけない」と考えており、85%は「予想外の修正作業コストが請求されることに不満」、96%が「専門業者にまかせている」と答えているとのこと。

 電子書籍/電子出版という異なるスコープで見た、大変面白い結果となっている。【hon.jp】

問合せ先:DCL社の調査結果( http://www.digitalbookworld.com/2012/digital-content-highly-valued-by-wide-range-of-companies-survey-says/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: