電子書籍戦争がヒートアップ、米Appleが司法省に反論「アプリ価格も、デベロッパー自身が決めている」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】eBook Wars(電子書籍戦争)などと称されるようになった、米国で電子書籍エージェンシー・モデル価格騒動がますますヒートアップしている。米ITニュースサイト「All Things Digital」によると、司法省が今週発表したApple社(本社:米国カリフォルニア州)に対する独禁法違反の起訴手続きについて、Apple側が反論コメントをしたとのこと。

 反論はApple社の広報担当Tom Neumayr氏によるもので、「電子書籍市場をAmazon社に独占させないために、iBookstoreは市場のイノベーションの役割りを担っている」「アプリ価格も、デベロッパー自身が決めている」としている。

 Apple社の広報チームは、この一連の騒ぎにAmazon社も引きずり込む戦略を選択したようだ。【hon.jp】

問合せ先:All Things Digitalの記事( http://allthingsd.com/20120412/apple-fires-back-at-the-feds-amazon/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /