Google社、まもなく「Google Book Search三者和解」を正式解消へ、作家・出版団体との法廷闘争を再開か

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】PCWorld等の報道によると、Google社(本社:米国カリフォルニア州)は世界の出版界をここ数年騒がせてきたGoogle Book Search和解問題に関し、米作家団体Authors Guild/米出版社協会Association of American Publishers(以後AAP)と2008年に交わした三者和解案を破棄することを決断した模様。

 記事によると、Google社は今月23日までに米ニューヨーク連邦地裁のDenny Chin判事にAuthors Guild/AAP側の2005年当時の訴状に対して棄却を求める旨を伝えたとのこと。すでにChin判事側も手続きについて了承している模様。これにより、Google/Authors Guild/AAPの三者和解は事実上解消されることになり、年明け1月から再び法廷闘争状態に入ることになる。【hon.jp】

問合せ先:PCWorldの報道( http://www.pcworld.com/article/245501/google_plans_to_seek_books_lawsuit_dismissal.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: