『法の雨』下村敦史/徳間書店/4月28日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『法の雨』表紙
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 無罪乱発 判事が下した一つの判決が 裁判官、検察官、弁護士、被害者、加害者 それぞれの正義を狂わせていく……

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

法の雨

下村敦史/徳間書店

内容紹介

法の雨 厳格な法の運用ゆえに「無罪病判事」と呼ばれた嘉瀬清一は、結審直後に法廷で倒れてしまう。宣告されていたために有効とされた判決は、逆転無罪。

 無罪判決は死も同然である検察界。担当検事の大神護は打ちひしがれる。有罪率99.7%の日本でなぜ今!

 その後、この事件で無罪放免となった看護師が殺されたと知り、大神は嘉瀬のもとを訪れるが、嘉瀬は老人ホームにおり、会話もままならない状態となっていて……。

 あの判決に何があったのか。

 “法”は救いか縛りか。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784198650759
本体価格:¥1,600 (JPY)
ジャンル:文芸小説
刊行日:2020/04/28

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/189567

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 662 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連記事&広告

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments