やっぱり採算が合わない?Penguin米国法人もOverDrive社の図書館向け電子書籍配信サービスから撤退

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の図書館関係者向け情報サイト「The Digital Shift」によると、英Peasonグループの大手出版社であるPenguin USA社(本社:米国ニューヨーク州)が、図書館向け電子書籍プラットフォーム最大手のOverDrive社(本社:米国オハイオ州)への作品提供をストップした模様。

 OverDrive社は図書館業界向け電子書籍プラットフォーム最大手。今夏Amazon社との提携により電子書籍端末「Kindle」シリーズでも主要図書館から電子書籍が無料レンタルできるようになり、いっきにユーザー拡大を目指していた。大手出版6社のうち図書館向け電子書籍サービスから撤退を決めたのはこれで3社目。

 今回の撤収について、Penguin側は「コンテンツのセキュリティ上の問題」と表明している模様。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Shiftの記事( http://www.thedigitalshift.com/2011/11/ebooks/penguin-group-usa-to-no-longer-allow-library-lending-of-new-ebook-titles/

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事