『こうえん』くりはらたかし/偕成社/4月20日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

表紙
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 〝おにがはらこうえん〟は、子どもたちに大人気の遊び場です。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

こうえん

くりはらたかし/偕成社

内容紹介

こうえん 〝おにがはらこうえん〟は、子どもたちに大人気の遊び場です。いつも大勢の子どもたちが思い思いに楽しく遊んでいるのですが、たった1つ、気をつけなければいけないことがあります。いつも聞こえている「ぐあーっ、ぐおーっ!」といういびきのような音が「うーん、むにゃむにゃ」という声にかわったら、おおいそぎでかくれなければいけません。もし逃げおくれると、たいへんなことになってしまいます。

 設定の面白さ、大勢の子どもたちが遊ぶようすのかわいさ、予想の出来ない展開と、絵本の楽しさがつまった1冊です。見かけの違いをこえて出会うことの豊かさも隠されたテーマになっています。

出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】ここに掲載している作品データは校了前のものです。刊行までに仕様などが変更になる場合もございますが、ご了承下さい。
【掲載したデータの仕様について】この作品は緻密に細部まで描きこまれた絵を楽しんでいただくため、単ページではなく見開きの形でデータを作成してあります。

おすすめコメント

 ヨシタケシンスケさんから「何もかも好きだ! ボクにとってカンペキだ!」と激賞され(註1)、いがらしみきおさんからは「こんな漫画を描きたかったです。でも描けませんでした。」(註2)と絶賛コメントが寄せられるなど、今話題のクリエーター、くりはらたかしさんによる絵本です。

 人気ゲーム「塊魂」のキャラクターデザインや、不思議な面白さがくせになるアニメやマンガで多くのファンを持つくりはらさんは、実は根っからの絵本好きでもあります(註3)。そして、ついに2年ほど前から本格的に絵本作家としての活動を始めて、注目を浴びています(註4)。

註1. 「MOE」2018年12月号でのコメント。「クリハラさんのマンガや絵本がすごーく好きです。」
註2. 短篇マンガ集『冬のUFO・夏の怪獣』(ナナロク社)帯。
註3. 小学生の時に長新太さんの家をたずねてサインをもらったというから筋金入りです。
註4. 「MOE」2019年10月号では15ページの特集が組まれました。

販促プラン

【著者紹介】
くりはらたかし

 1977年東京生まれ。1999年「アナホルヒトビト」でアフタヌーン四季大賞を受賞し、マンガ家としてデビュー。その後、アニメーション、イラストレーション、絵本とジャンルを広げ、独自の世界を展開している。絵本以外の作品では「クリハラタカシ」の表記を使用。主な作品に、マンガ『ツノ病』『ラッキーボギー』『冬のUFO・夏の怪獣』『隊長と私』、絵本『むしめがねのルーペちゃん』『ぱたぱた するする がしーん』『たんぽぽふうたろうと7ふしぎ』『これなんなん?』『ハッピーボギー』『とおくにいるからだよ』『くまくんのたすけて〜!』などがある。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784033500201
本体価格:¥1,300 (JPY)
ジャンル:児童書/絵本
刊行日:2020/04/20
「すぐ読み」作品(※承認待ちなしですぐ読めます)

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/187062

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 646 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連記事&広告

コメントする

avatar
1000