SII、電子辞書向けのコンテンツカード5種類を4月発売

《この記事は約 2 分で読めます》

 セイコーインスツル株式会社(略称:SII、本社:千葉県千葉市)は、SIIの電子辞書ICディクショナリーに対応したコンテンツカード“シルカカード・レッド”5種類を4月下旬から順次発売する。

 「シルクカード(シルカ)」とは、SIIオリジナルコンテンツカードの愛称。使用頻度や目的に合わせて、電子辞書にお好みのコンテンツを追加できるコンテンツカードになる。今回発売するシルカカード・レッドは、それぞれ「フランス語」、「ドイツ語」、「スペイン語」、「中国語」の4言語の辞典や会話集を収録している。特にシルカカード・レッドはストレスを感じさせない検索速度により、本体に内蔵辞典と同等の操作性を実現しいる。また、今回発売のシルカカード・レッドでは外国語学習にはかかせないネイティブスピーカーによる正しい発音を収録しているので、聴きながら手軽にリスニング学習が可能になる。

 なお、対応機種は現在発売中の、シルカカードスロット搭載電子辞書、「SR-V7130」「SR-E9000」「SR-V4700」。価格はオープンプライス。

【関連リンク】
本記事に関するニュースリリース
http://speed.sii.co.jp/pub/corp/pr/newsDetail.jsp?news=1099
セイコーインスツル株式会社 ホームページ

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。