KCCSの公共図書館システム「ELCIELO」とオトバンク「audiobook.jp」が連携、来春からオーディオブック配信サービスを提供開始

KCCSブース
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)と株式会社オトバンクは11月12日、KCCSが提供する公共図書館システム「ELCIELO」とオトバンクが提供する「audiobook.jp」を連携した「オーディオブック配信サービス」を、2020年2月から提供開始することを発表した。また、「ELCIELO」を利用している公共図書館を対象として、トライアルユーザーの募集を開始している。

 KCCS「ELCIELO」は、蔵書管理・貸出管理などが行える公共図書館向けのウェブアプリケーションシステムで、2002年に提供が開始されている。ユーザインターフェイスにユニバーサルデザインを採用し、音声読み上げソフトへの対応、見やすさを考慮した配色、UDフォントへの対応などが特徴。オトバンク「audiobook.jp」は、ナレーターや声優が朗読した「聴く本」を2万7000本超ラインアップする、日本最大級のオーディオブック配信サービス。

 今回の連携により、KCCS「ELCIELO」を導入している公共図書館では、図書館利用者登録をしていれば図書館へ行かなくても、自身のPCやスマートフォンで図書館のサイトからオーディオブックを検索・視聴できるようになる。KCCS「ELCIELO」のオプションサービスとして提供される予定で、料金は1法人あたり月額2万円から。なお、本サービスは、パシフィコ横浜で開催されている「第21回図書館総合展」のKCCSブースに展示されている。

参考リンク

「オーディオブック配信サービス」トライアル問い合わせフォーム
https://www.kccs.co.jp/contact/ja/ict/?category=education&service=elcielo

noteで書く

広告

About 鷹野凌 320 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / / / /

コメントする

avatar
1000

関連コンテンツ