アマゾンジャパン、賞金総額500万円の「第1回Kindleインディーズマンガ大賞」を開催 ~ 審査員に中川翔子氏、コミケ共同代表、代アニ代表など

Kindleインディーズマンガ大賞
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 アマゾンジャパン合同会社は10月10日、「第1回Kindleインディーズマンガ大賞」の開催を発表した。賞金総額は500万円。審査員にはタレントの中川翔子氏、コミックマーケット共同代表の安田かほる氏、代々木アニメーション学院代表者など。

 Kindleインディーズマンガ大賞は、セルフ出版の「Kindleダイレクト・パブリッシング」(以下、KDP)を通じてアマゾン「Kindleストア」でマンガを無料公開できる「Kindleインディーズマンガ」の一環として開催される。応募期間は2020年1月7日まで。一次審査通過作品の発表は1月31日、結果発表は2月から3月末の予定。

 応募条件は日本在住であることで、年齢、プロ・アマは問わない。また、作品のジャンルや長さ、応募作品数も問わない。ただし、オリジナルの日本語作品限定で、応募期間開始以前に Amazon.co.jp で公開済みの作品は対象外。Kindleインディーズマンガで公開済みのシリーズは、応募期間中に新たに出版申請されたエピソードのみが審査対象となる。

 また、KDP以外でセルフ出版や無料公開している作品の応募も可能だが、他のコンテストでの受賞作は不可。出版社による出版や、映像化されている作品も不可。応募方法は、KDPで無料マンガを出版する際、Kindleインディーズマンガ大賞の応募規約に同意するチェックボックスがオンになっていること。

 Kindleインディーズマンガは、2018年7月にサービス開始された日本独自のプログラム。通常のKDP公式では提供されていない常時無料公開が、マンガに限って可能になっている。同時に設立されたインディーズ無料マンガ基金から、作品の人気度を基準としてこれまで合計5475万円が数百人のマンガ家に分配されている。

参考リンク

Kindleインディーズマンガ大賞公式
http://www.amazon.co.jp/indie-manga-award

noteで書く

広告

About 鷹野凌 313 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

コメントする

avatar
1000
タグ: / / /

関連コンテンツ