マンガアプリ「GANMA!」が作家支援の一環で読切マンガ祭を開催

GANMA! 読切マンガ祭 夏の31連弾
GANMA! 読切マンガ祭 夏の31連弾
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 コミックスマート株式会社は8月1日から、運営するマンガアプリ「GANMA!」にて「GANMA! 読切マンガ祭 夏の31連弾」を開始した。作家支援の一環として、31人の新人・連載作家による読み切り作品を1日2作品、9月30日までの期間限定で公開する。

 この取り組みは、読切マンガに特化することにより、連載では難しい実験的な作品やこれまで温めてきた作品を公開し、各作家の持つ可能性をさらに引き出すことが目的だという。また、GANMA!の既存読者だけでなく、GANMA!と普段接点を持たない方々が気軽に読切マンガに接し、ファンになるきっかけを創出する狙いもあるという。

 そこで、GANMA!アプリのほか、各作家のTwitterアカウントやGANMA!公式YouTubeチャンネルで、スライドショー動画による作品配信や、声優の芹澤優さんが出演する作品紹介動画を公開するなど、アプリ以外のチャネルも活用して作品を展開していく。

 GANMA!は、オリジナルマンガ190作品以上を掲載しているマンガアプリ。累計ダウンロード数は1200万を突破。2018年12月に5周年を迎え、アプリとロゴをリニューアルした。連載中のオリジナルマンガは、第1話から最新話まで全話無料で読むことができる。定額制の「GANMA!プレミアム」は、連載中作品最新話の1週間早読みと、完結作品が読み放題となる。

参考リンク

GANMA! 読切マンガ祭 夏の31連弾 特設ページ
https://ganma.jp/g/yomikiri/yomikiri2019/

noteで書く

広告

About 鷹野凌 293 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

コメントする

avatar
1000
タグ: /

関連コンテンツ