加Harlequin Enterprises社、著者への電子書籍ロイヤリティ支払い率を引き上げたいと打診、しかし…

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米電子書籍ニュースサイト「eReads.com」によると、女性向けロマンス小説大手のHarlequin Enterprises社(本社:カナダ・オンタリオ州)が来年1月から、同社の電子書籍作家たちに向けて、支払ロイヤリティ率を引き上げたい旨を打診したとのこと。

 記事によると、このロイヤリティ率引き上げの対象となるのはHarlequin社が北米圏で出版している電子書籍タイトルすべてで、シリーズものは出版社売上の15%、単品ものは25%になるとのこと。現行の同社レートは、定価の6%が相場となっている。

 ただ、計算方法にある「出版社売上」の定義がグレーな点や、実際にこの新条件では収入ダウンになるのではないか疑問視している作家も多く、契約移行には時間がかかりそうな気配だ。【hon.jp】

問合せ先:Harlequin社が作家宛てに送信したメール( http://ereads.com/2011/06/harlequin-raises-e-book-royalties-retroactively.html

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事