米Barnes & Noble社が第3四半期業績を発表、連結収益は前年比25%減でもネット上の売上は前年比64%増

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米書店チェーン大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)が現地時間2月22日、同社の2011年度第3四半期の業績を発表した。

 発表内容によると、総売上高は前年比7%増の23億ドル(約1,900億円)。連結営業利益は1億7,010万ドル(約140億円)。連結収益は前年の8,000万ドル(約66億円)から25%減少して6,060万ドル(約50億円)となった。しかし、電子書籍端末「NOOK Color」の発売などデジタル部門が積極的な販売展開を進めた結果、Barnes & Noble.comサイト上の売上高は前年同期比64%増を達成。電子書籍についても、現時点で紙書籍の2倍のペースで販売が続いているという。

 なお、同社は、先ごろのBordersの破産申請が市場に短期的な影響を及ぼすおそれがあるため、2011会計年度の売上げ、収益予想は行わなず、配当も延期して、デジタル領域への投資の継続や市場機会への対応へ資金を柔軟に振り向けたいとしている。【hon.jp】n

問合せ先:Barnes & Noble社のプレスリリース( http://www.barnesandnobleinc.com/press_releases/2011_feb_22_3rd_quarter_financial_results.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。