仏Hachette Livre、米Googleと絶版書の電子書籍化スキャンについて5年契約を締結へ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英Bookseller.comの記事によると、フランス最大手の出版社Hachette Livre(本社:フランス・パリ市)が昨年発表した米Google社(本社:米国カリフォルニア州)との書籍スキャン契約について、その詳細を明らかにした模様。

 記事によると、2011年5月までに正式締結予定の絶版書スキャン契約は、5年契約になる見通しとのこと。フランスでは、20世紀の絶版書を公費でスキャンするプロジェクト「Grey Zone」が計画されており、同氏はGoogle社との契約と重複する書籍が多いので、スキャン費用負担が軽くなるとして、他の出版社にGoogle社との契約を奨励している。

 スキャン・データはフランス国立図書館と同図書館の電子図書館部門、「Gallica」に送信される。レベニュー・シェアについては、同氏は今後の協議によるが、エージェンシ・モデルになるだろうと語ったとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:英bookseller.comの報道( http://www.thebookseller.com/news/141580-page.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: