米Microsoft社、新スマートフォンOS「Windows Phone 7」の搭載端末3モデルを今秋米国内で発売

【編集部記事】ソフトウェア最大手のMicrosoft社(本社:米国ワシントン州)は現地時間の10月11日、同社が今年2月に発表した新スマートフォンOS「Windows Phone 7」対応端末が今秋から米国内で発売されることを明らかにした。

 Windows Phone 7は、現在のWindows Phone(旧:Windows Mobile)シリーズとはまったく構造が異なるスマートフォンOSで、タッチスクリーンに対応したまさにiPhone/Android対抗OS。第一弾となる「HTC Surround」「LG Quantum」「Samsung Focus」の3モデルをAT&T網で発売する予定で、ライバル同様に専用アプリストアとして「Marketplace」を標準搭載し、すでにTwitter純正アプリなどが用意されているとのこと。

 なお、Windows Phone 7向けアプリ開発には、SilverlightもしくはXNA Frameworkのいずれかを使うことが必要。【hon.jp】n

問合せ先:Windows Phone 7アプリ開発者向けサイト( http://create.msdn.com/ja-JP/

【PR】配信中の無料作品【テスト中】