米Microsoft社が電子書籍の“ページめくり”インターフェイスについて特許出願中であることが判明

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英The Registerの記事によると、Microsoft社(本社:米国ワシントン州)が電子書籍アプリなどで一般的となっている“ページめくり”インターフェイスについて、特許を出願中とのこと。

 この特許は2009年1月に米国特許商標庁(USPTO)に出願され、最近オンライン公開され判明したもの。基本的にはディスプレイ上で指などを使って横方向にページめくりをする際に、めくれるページの裏側が表示される、高速でめくると複数ページがまとめてめくれる、などいった出願になっている。

 この出願特許はまだ審査中の段階だが、もともとは同社が昨年にプロジェクトを立ち上げ、今年春に開発が中止されてしまった電子ノート端末「Courier(コードネーム)」の“残り遺産”である可能性が高いとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:英The Registerの記事( http://www.theregister.co.uk/2010/07/08/microsoft_virtual_page_turn_patent/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: