米GoogleがiPad対抗機を開発中、電子書籍サービス充実のため現地大手出版社とも交渉中

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米New York Times紙の報道によると、検索大手のGoogle社(本社:米国カリフォルニア州)は現在、Apple社のiPad対抗製品となるタブレット機を開発中とのこと。

 他サイトの情報によると、この新型タブレット機はChrome OSではなく、Android OSを搭載し、ハードウェアは台湾HTC社が担当する可能性が高いとのこと。さらに、電子書籍端末としての機能を充実させるために現地の大手出版社とも協議を開始している模様だ。発売時期や価格については不明のままとなっている。

 Google社ではこの新タブレット機において、現行の「Google Book Search」もしくは年内にサービス開始予定にしている「Google Editions」などの電子書籍系サービスをフル活用したい模様だ。【hon.jp】n

問合せ先:米New York Timesの報道記事( http://www.nytimes.com/2010/04/12/technology/12slate.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ