[献本先着30名] 忘れられた正室 武田信玄正室三条夫人

noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

篝佐代(かがりさよ)さんから「忘れられた正室 武田信玄正室三条夫人」の献本です。
武田信玄正室三条夫人についての不当な評価やイメージを覆す評伝、2回目の献本です。

忘れられた正室 武田信玄正室三条夫人
忘れられた正室 武田信玄正室三条夫人

※献本を逃してしまった方はこちらのリンクから購入できます

篝佐代さんからコメント

いまだ、本格的な名誉回復及び正当な評価を受けられていないと思われる、武田信玄正室三条夫人についての、長年に渡り、すっかり固定化してしまった、彼女についての不当な評価及びイメージである、高慢で嫉妬深い悪妻であり、公家出身の、無能で、そして不遇で影の薄い正室という見方を覆し、三条夫人の武田信玄正室としての、数々の役割と思われるものと実像に迫った、評伝です。
近年、戦国女性達の研究も進み、淀殿や築山殿など、これまで悪女・悪妻とされ、評判の悪かった戦国女性でも、研究に基づき、名誉回復されてきている女性達も増えてきているのに、およそ同時代史料に恵まれない傾向がある戦国女性の中では、各史料や当時の痕跡が比較的多い方であり、またその悪妻説の史料的・具体的根拠も希薄であると思われるにも関わらず、なぜか三条夫人に関しては、いまだに研究者、またはそれ以外の歴史作家などからでさえ、本格的な研究による名誉回復の動きなどは、いまだにできていません。また、本格的な名誉回復の研究まではいかずとも、これまでの、三条夫人についての悪妻としての否定的な見方について、正式に誤りを認めるような意見でさえ、研究者筋から、いまだ私が知る限りでは、商業出版の中では、まず見かけたことがありません。相変わらず、曖昧な扱いのまま、放置されているように思われます。残念ながら、この傾向は私が知るだけでも、すでに何十年も続いているため、途中からついにあてにならない、他人頼みではなく、自らが、この三条夫人についての、真実の追究してみたいと思うようになり、参考になる先行研究もほとんどないまま、悪戦苦闘の末、十年間程かけ、私個人による研究で、現在の形にまで書き上げました。

そして調査をしていくにつれて、いかに、三条夫人がほとんど実証的かつ総合的な調査や検証も行われないまま、やはり、これも著名な戦国女性であり、これもずっと悪妻とされてきた、徳川家康正室築山殿とあまりに何かと類似した描写をされやすいことなどから、彼女との同一視の気配が濃厚に感じられるなど、このように、安易に類型的で雑な見方がなされたまま、長年の間、偏見による一方的で不公平な見方により、大幅にその実像が歪められ、結果として武田勝頼生母である、武田信玄側室の諏訪御料人の影に追いやられ、まともに顧みられないままであったかが、判明しました。しかし、調査を続けていく上で、いかに正室としての彼女の果たしていた、各役割が大きかったかを解明できたと思っています。

お気軽に、レビューお願いします。

レビューはこちらまで

献本を受け取った方はぜひレビューをお願い致します!

レビュー希望URL: http://www.amazon.co.jp/dp/B00JMS9NVI/

レビュー書いたよ!というお知らせは kenpon@hon.jp もしくはTwitterであればハッシュタグ #KENPON でつぶやいて下さい!

よろしくお願い致します!

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

タグ:

関連記事&広告