ドイツ版Amazon、電子書籍トップ100の半数が個人作家の作品によって占められる

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

【編集部記事】ドイツの個人作家向けニュースサイト「Die Self-Publisher Bibel」によると、ドイツ版Amazonの電子書籍セールスランキングトップ100の半数が、個人作家たちによって占められていることが確認されたとのこと。

 記事によると、キーとなっているのは月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」での露出拡大・ランキング上昇効果によるもの。Kindle Unlimitedでは、1回の貸し出しも1冊販売とランキングスコアに加算され、ストア上での露出が優先されているため、ランキングの下降ペースが通常のKindle電子書籍よりも緩やかで、有利になっているとのこと。ただ、Kindle Unlimitedに個人作家が作品を登録するには「Kindle Select」プログラムに加入(=Tolino社など他社の大手電子書籍ストアでは販売できなくなる)が必須条件となっているため、現地の個人作家でも50%程度しかこの仕組みを利用していないという。

 結果、ロイヤリティ収入よりもAmazonランキング重視派の個人作家たちが、Kindleランキング上位に集中する傾向が見られるという。【hon.jp】

問合せ先:Die Self-Publisher Bibelの記事( http://www.selfpublisherbibel.de/warum-eine-exklusive-bindung-an-amazon-gut-fur-den-autor-ist-und-warum-nicht/

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事