ホワイトハウスの児童向け電子図書館アプリ「Open eBooks」、来年にKindle Fire/Chromebookにも対応予定

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

【編集部記事】米ホワイトハウス主導で今年iOS版アプリが公開された児童向け電子図書館アプリ「Open eBooks」について、運用団体を担っている非営利プロジェクト「Open eBooks」が、次年度の計画についてプレスリリースを発表した。

 Open eBooksアプリは、昨年5月にオバマ大統領が貧困家庭の教育支援のため図書館の電子書籍購入を推進するために立案したプログラム「ConnectedED Library Challenge」に準ずるもので、予算規模2.5億ドル(約278億円)で大手出版各社も電子書籍作品を66,000作品提供。今年2月末にオバマ大統領夫人が主導してiOS版アプリがまず公開され、累計100万ダウンロードを記録。現在の運営は図書館団体や大手出版社が中心となって運営されているOpen eBooksプロジェクトが担っている。

 現在、Open eBooksアプリはiOS/Android版のみが提供されているが、プレスリリースによると来年にはKindle Fire版、Chromebook版の提供も予定しており、さらに閲覧できる家庭の所得制限も取り除くとしている【hon.jp】

問合せ先:Open eBooksプロジェクトのプレスリリース( http://openebooks.net/press_release_new_content_1216.pdf

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。