イースト、蘭iRex社と電子ペーパー端末「Iliad」の販売・技術支援で合意

《この記事は約 1 分で読めます》

 イースト株式会社(本社:東京都渋谷区)は4月23日、iRex Technologies BV社(本社:オランダ・アイントホーフェン市)が欧米・中国で販売中の電子ペーパー端末「Iliad」の日本国内での販売・技術支援を開始することは発表した。

 iLiadは、欧州の家電大手であるRoyal Phillipsグループ企業でもあるiRex社が昨年発売したペン入力式の電子ペーパー端末。米E-Ink製の電子ペーパーディスプレイと無線LANを標準搭載し、5月には欧州の複数の大手新聞社が専用コンテンツを配信する予定となっている。イーストによると、今回の合意は独占販売契約などではなく、日本国内でのパートナー企業探しなどを含めた支援活動のみに注力したいとのこと。

 なお、今回の発表に際し、iRex社では来週にもiLiad専用のMobipocket(Amazon系の電子書籍ファイル形式)ビューワーなどを提供することも明らかにした。

関連リンク

イーストの本件に関するプレスリリース

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /