ゲームやメールも? 電子ペーパー端末「iLiad」で自作アプリが動作可能に

《この記事は約 2 分で読めます》

 オランダRoyal Philips系列のiRex Technologies BV社(本社:オランダ)は現地時間の11月16日、同社が欧米・中国向けに販売を行なっている電子ペーパー書籍端末「iLiad」で、ユーザーが自作アプリをインストールできる仕組みを公開した。

 もともと読書/ドキュメントビューワー端末として発売された「iLiad」だが、iRex社ではネット上の一部の熱狂的なユーザーたちからの要請を受け、今回ユーザー製アプリもインストールできるように仕様変更を行なった。現時点ではまだユーザー自作アプリはとくに確認されていないが、ユーザーたちの間ではすでにコマンドシェルや多フォーマット対応の電子書籍ビューワー、ゲーム、メールソフト、テキストエディタなどの制作案で盛り上がっており、今後の動向が注目される。

 なお、現行のiLiadで自作アプリを動作させるには、OSを2.7.1にアップグレードし、iLiad側から開発者向けのパッケージを別途ダウンロードする必要がある。

【関連サイト】
iRex Technologiesの開発者向けサイト(英文)
http://developer.irexnet.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: