電子ペーパー界の標準通信プロトコルとなるか? iRex社が「iDS」を公開へ

《この記事は約 2 分で読めます》

 オランダRoyal Philips系列のiRex Technologies BV社(本社:オランダ)は現地時間の8月24日、同社が欧米向けに販売を開始した電子ペーパー書籍端末「iLiad」のコンテンツ通信部分を、今年10月にも一般プログラマー向けに公開することを発表した。

 今回公開が明らかとなったのは「iLiad」のネット接続/コンテンツダウンロード機能であるiDSプロトコルの部分で、同社ではこれをSDK(ソフトウェア開発キット)としてネット上で無償公開する予定だ。同社によると、これによって一般のプログラマーがiLiad専用ソフトを開発したり、逆にサードパーティ製品がiDSネットワークに乗り入れることが可能になるという。

 従来、電子書籍端末はメーカー自身がソフトウェアやOSの仕様を公開することはなく、お互いの製品同士で互換性はまったく実現されなかった。今回の発表により、iRex社のコンテンツ通信プロトコルが今後電子ペーパー業界の標準規格となる可能性が出てきたことになる。

【関連サイト】
iRex Technologies社の本件に関する発表(英文)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: