オランダのiRex Technologies社、電子ペーパータブレット「iLiad」を企業向け…

《この記事は約 2 分で読めます》

 オランダのRoyal Philips ElectronicsグループのiRex Technologies BV社は今月末にも、電子ペーパータブレット「iLiad」の限定販売・出荷を開始する。

 iLiadは同社が昨年に発表したペン入力式の小型ドキュメントビューワー機器で、Ethernet/802.11gワイヤレスLANを使ったネット接続にも対応済み。ディスプレイ部に米e-Ink社のモノクロ電子ペーパーディスプレイ(1024×768ピクセル)とワコム製のペン入力層を採用したことで、低電力とペン入力の両方を実現している。

 CPUにはIntel製の400MHz型X-Scaleプロセッサを採用。ユーザーはこのiLiadを使うことで、外出先でもPDF/TXT/XHTML形式のドキュメントを閲覧したり、それに対してコメントを入力することができる。また、iLiad専用のコンテンツ配信システムであるIDS(iRex Technologies Delivery System)経由で、提携会社のコンテンツやソフトウェアアップデートをネットから直接受け取ることができるとのこと。

 なお、当面は欧州向けに限定数がB2B用として出荷され、価格は649ユーロ(10万円弱)。コンシューマー専用版は9月以降の発売を予定している。

【関連サイト】
iRex Technologies社「iLiad」の外観紹介サイト(英文)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /