インド大手ECサイトFlipkart.com、電子書籍サービスを閉鎖、既存会員はKobo社に移管

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米Techcrunchサイトによると、インドの大手書店サイト「Flipkart.com」(本社:インド・バンガロール市)が2012年に開始した電子書籍販売事業から撤退し、既存会員をRakuten Kobo社に誘導開始することを発表した。

 Flipkart.comはもともと、元Amazon技術者たちが2007年に起ち上げた書籍・文具専門サイトでその後に総合ECサイト化。電子書籍販売への参入は2012年11月から始めたが、同国にはすでに北米大手のAmazon社やKobo社が参入済みで、同じ輸入英書中心の品揃えであるため、経営戦略上早々の撤退を検討していることが噂されていた。

 同社の既存会員たちと購入作品群は年末から、そのままKobo社に移管される予定だ。【hon.jp】

問合せ先:現地報道( http://trak.in/tags/business/2015/12/11/flipkart-exits-ebooks-business-rakuten-kobo-service-flipkart-ebooks/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /